キャッシングの返済日に間に合わない場合

急な出費が続いてしまい、キャッシングの返済日までにどうしてもお金を用意することができないという人もいるかもしれません。 ですが、必ず返済日までにお金を用意するという契約のもとでお金を借りるわけなので、これは本来あってはならないことです。

ただ、どうしても用意できないという場合には次のような対策を取りましょう。 基本中の基本として頭に入れておきたいのが、返済が遅れてから連絡をしても非常に印象が悪いということです。

返済が遅れそうな場合は、遅れることがわかった時点で電話をするなどの対策を取る必要があります。

例えば、転職をして給料日が変わったという人もいるでしょう。 これまでは10日が給料日で15日の返済日には間に合っていたものの、新しい職場の給料日は20日だから間に合わないということになってしまった場合、返済日の変更ができないか確認するといいですね。

返済日を変更する場合には契約内容の変更手続きをしなければなりませんが、その後も継続して返済日を変更したいと思っているのであれば、早めに手続きをしておいたほうがいいです。

毎月の支払日を変更したいという形ではなく、急な出費などで数日支払いが遅れてしまうという月には、連絡をしておくことが重要です。 選択したキャッシング会社によっては自動音声案内やインターネット上から支払日の延長手続きが可能な場合もあるので、先にこちらから確認しておくといいでしょう。

こういったサービスが見つからない場合、電話で連絡をするのが一般的ですね。 その時には、いつまでに支払うことができるのかという点を伝える必要があります。

ただ単に「お金が用意できないので払えません」ではキャッシング業者もいつまで待てばいいのかわからないので、自分の予定についてよく考えてから連絡することが重要です。

特に、何ヶ月も支払いが遅れてしまった場合、それが理由でキャッシングが利用できなくなってしまったり、ブラックリストに載ってしまうこともあるので注意しましょう。

ページの先頭へ