キャッシングの限度額増枠について

必要な時だけキャッシングを利用していたという人でも、長く利用していると限度額いっぱいまで使ってしまうことがあります。 そうなると、それ以上借りることができないので困ってしまいますよね。

そこで、限度額増枠というシステムについて知っておきましょう。 一般的に、キャッシングの契約をする際には自分で限度額というものを設定するはずです。 利用者の希望が必ず通るというわけではありませんが、初回契約時の限度額はほとんどの場合で50万円以下に設定されているでしょう。

それほど使う予定はないからと10万円の枠で申し込みをした場合、あとから「やっぱり20万円にしておいたほうがよかった」と感じることもあるかもしれません。 そんな時に便利なのが増枠です。

まず、キャッシングの増枠については2つの種類があります。 1つめが、業者側から増枠が可能であることをお知らせしてくれるケースです。 こちらの場合、「○万円まで増額が可能です。」というお知らせが届くことになるので、必要に応じて増枠をお願いするかどうかを決めましょう。

こういったお知らせがない中で増枠をお願いしたいと思っているのであれば、こちらから申し込みをする必要があります。 といっても全ての人に無条件で増枠を認めているわけではありません。

まず、新規契約から半年以上の時間が経っていない場合には増枠は難しいと思ったほうがいいでしょう。 やはり、利用年数が長くなり、信用が高い人のほうが増枠しやすい傾向にあります。

そして、その間は滞ることなく返済を続けることが重要です。 毎月のように返済日に間に合っていない人の場合、仮に増枠をしてしまうとキャッシング業者にとってリスクが大きくなってしまいますよね。

キャッシング業者は返済能力を認めた人にしか増枠をしてくれません。 これらの条件を満たしている場合には、インターネット上か電話、または店舗で増枠を申し込んでみましょう。 増枠を希望する理由などについても聞かれる場合があるので、メモしておくといいですね。

ページの先頭へ