キャッシングを利用する際に滞納してしまった場合

キャッシングを利用する際に必ず気を付けたいのが滞納をしないという事です。基本的にキャッシングの利用は金融機関と借り 入れをする方の信頼関係で成り立っています。借り入れをしている方が返済を滞らせると信頼は一気になくなります。

ただし、 うっかりしていたなどのミスは誰でも時々はあるものです。そうした場合にどうなるかをお伝えしていきます。まず、対応は 金融機関ごとに異なり、ケースバイケースである事が多いです。

借り入れをしている方がこれまではきちんと返済を行っていた場合、2、3日は支払い日を過ぎても待ってくれる事があります。 その間に返済がされれば問題ないとされます。ですが、何度か繰り返しているとペナルティとなる場合もあります。

また、 借り入れをしている方と金融機関の信頼関係がまだそこまで深まっていない場合、1日でも滞納すると催促の電話などが来たり 郵送で督促状が来る事もあります。あなたの携帯だけでなく、勤務先に電話が来る事もあります。

ペナルティはこちらもケースによって異なりますが、限度額を減らされたり、遅延損害金という費用が発生する事もあります。 返済が遅れた場合の迷惑料のような形で金融機関に支払う義務が出てくるものです。借り入れた金額にプラスで支払う金額が 増え、あなたの負担は更に重くなってしまいます。

マイナスのスパイラルに拍車をかける事にもなりかねないので、滞納は 極力しないように十分注意しましょう。特に複数の金融機関で借り入れをしている方はこうしたミスも増えがちです。

逆に返済を前倒しでスピーディに行うとあなたの信頼度は上がり、金融機関とも気持ちよく付き合う事ができます。限度額の 引き上げなども相談に乗ってくれたり、何か困った時にも相談しやすくなります。

なるべくこうした良い関係を築けると良い ですがそのために必要なのはやはり計画的に返済を行うという事です。手軽に利用しやすいキャッシングはつい無駄な借り 入れを行いやすいので、気を付けて利用する事をお勧めします。

ページの先頭へ